Menu

急増を続けるモバイルブロードバンド・データの需要に対応するために、3G ネットワークに続いて 4G ネットワークが展開されつつあります。4G 展開の主流技術は現在 LTE であり、当初は主に FDD で展開されますが、大規模な TDD ネットワークも試行されており、商用運用目前となっています。 しかし現状の 4G ソリューションには、3G 成功の鍵となった要素の 1つが欠けています。最初の 2G、そして現在の 3G の採用が急速に進んだ 1 つの理由は、世界中どこでも 1 つのデバイスでローミングができ、モバイルネットワークにアクセスできるからです。残念なことに、世界中の国々が 4G ネットワークへの割り当て周波数を探す中で、3G の 1800 MHz のように世界共通と言える単一周波数帯は浮上していません。これまでのところ、4G に割り当てられた周波数帯は、地域ごとに、もっと悪い場合は国ごとに、700 MHz から 2.5 GHz まで幅があります。3GPP は LTE 展開に 35 以上の異なる周波数帯を挙げており、そこに FDD と TDD が混在し、ローミングが不可能となる恐れさえあります。ARF シリーズの製品は適応型動作のスマートアナログ・フロントエンドを実現し、この問題を解決します。ARF シリーズの製品採用のフロントエンドは FDD と TDD をサポートし、今日のベースバンド・ソリューションに求められる柔軟性を備え、全世界対応のシングルデバイスを現実にします。300 MHz から今日の 3GHz まで、そして明日の 6MHz まで、任意の周波数に動的に同調し、柔軟なチャンネル帯域幅、低消費電力のARF シリーズの製品により、4G ローミングを実現することができます。