Menu

ISM バンドの割り当ては何十年も前、WLAN が爆発的に増加する以前に行われました。こうした 900 MHz、2.4 GHz、5 GHz の周波数帯すべてを使用することで、これまで 30 年以上にわたって WiFi 用の周波数に対応してきました。モバイルブロードバンドの爆発的増加と同様、ISM バンドでの WiFi の利用も増加しています。こうした利用急増によって ISM バンドが過剰に使用され、混雑するにつれ、周波数帯域の危機的不足が感じられるようになりました。テレビ用ホワイトスペース (TVWS) により、新しい周波数帯域が WLAN 市場で使用可能となりましたが、そこにはいくつか重大な制約があります。TVWS は古いアナログテレビの帯域の周波数割り当てに従って運用されるため、FCC により、他に妨害を与えない二次的アプリケーション用と指定されています。その結果、この新しい周波数帯用に設計されるデバイスは 2 つの大きな影響を受けます。つまり周波数に対するアジリティーと厳密なスペクトルマスクが要求されるのです。TVWS でデバイスを動作させるためには、最初に周波数データベースにアクセスし、どのチャンネル (周波数) を利用できるのかを判断する必要があります。第 2 の、そしてさらに厳しい要件として、チャンネル端で帯域外減衰量が 72 dB以上でなければなりません。このようにマスクが非常に厳しく、しかもデバイスは相変わらず標準的な WiFi バンドをサポートする必要があることは、TVWS 用の製品導入にとって大きな障害でした。ARF シリーズの製品は高性能と低消費電力で規制要件を十二分に満足し、しかも TVWS の周波数全体を利用できるため、TVWS を現実的で実用的な WiFi バンドへと変えることができます。


Aviacomm Launches TV White Space in the Philippines

Aviacomm, along with partners HuwoMobility and FAST, launched the first of many coming TV White Space networks in the Philippines, having the goal of bringing Internet access to rural communities all across the country. See the video presentation here!


You can also watch the video on:     YouTube-logo-full  linkedin   high-res-logo_facebook1   youku2